白内障 緑内障 糖尿病網膜症 加齢黄班変性 網膜剥離 ドライアイ アレルギー性結膜炎 眼瞼下垂 鼻涙管狭窄 コンタクトレンズなどの診療を行っています レーザー治療 日帰り白内障手術 涙管シリコンチューブ留置術 涙点プラグ挿入術 眼瞼下垂手術 内反症手術を行っています 
  • オンライン予約
  • 白内障手術
  • 眼瞼下垂の手術
  • 目の病気
  • 目の病気
お問い合わせ 宗像眼科 福岡県宗像市田熊2丁目5−13

切除

まぶたが下がってくる状態で、加齢によるもの、先天性のもの、コンタクトレンズの長期使用によるものがあります。黒目の中心にある瞳孔にかかると視力が落ちたり視野が欠けたりするため治療の対象となります。眼瞼下垂には二つの種類があり、手術の方法も異なります。ときには両方の手術を行うことがあります。

眼瞼皮膚弛緩症(偽の眼瞼下垂)

まぶたそのものではなく、まぶたの前に余った皮膚が垂れ下がった状態です。
治療は余った皮膚を切り取る「皮膚切除法」ですが、当院ではよりきれいに仕上がる「眉毛下皮膚切除」を行っています。この方法は術直後の皮下出血や腫れはやや目立ちますが、しばらくしてからの仕上がりが従来法に比べ優れています。

切除 術後

眼瞼下垂症(真の眼瞼下垂)

まぶたを上げる筋肉(上眼瞼挙筋)とまぶたの芯との結合がゆるんでいるため、両者をつなぎ直す手術(挙筋再建術)を行います。当院ではこの手術で炭酸ガスレーザーを用い、術中出血を少なくして早期の回復をはかっています。

眼瞼下垂

pagetop