白内障 緑内障 糖尿病網膜症 加齢黄班変性 網膜剥離 ドライアイ アレルギー性結膜炎 眼瞼下垂 鼻涙管狭窄 コンタクトレンズなどの診療を行っています レーザー治療 日帰り白内障手術 涙管シリコンチューブ留置術 涙点プラグ挿入術 眼瞼下垂手術 内反症手術を行っています 
  • オンライン予約
  • 白内障手術
  • 眼瞼下垂の手術
  • 目の病気
  • 目の病気
お問い合わせ 宗像眼科 福岡県宗像市田熊2丁目5−13

医院紹介

宗像眼科のあゆみ

宗像眼科集合写真

 宗像眼科は昭和53年医療法人浩心会(理事長松井弘治)の診療所として宗像市田熊バス停前に開設されました。医療法人浩心会は当時日本の眼科界で「巨人」といわれた九州大学生井浩前教授の門下生5人すなわち大島眼科病院前院長松井孝夫、朝日クリニック院長杉健児、福間眼科院長辻克夫、浩心眼科院長加納正昭と当院の松井弘治で設立した法人で、各医師がそれぞれの得意分野をもって各診療所を巡回しさまざまな難治性眼疾患の治療を精力的に行ってきました。その後福岡市の大島眼科病院が先進医療を行うセンター病院として新ビルを建設、宗像眼科も平成5年に現在の場所に新築移転し、大島眼科病院と九州大学の連携病院として再出発しました。

 当院の特徴として、専門別特殊再来を行っていることがあげられます。すなわち糖尿病網膜症は福岡歯科大学付属病院の眼科教授川野庸一医師、眼部腫瘍や眼瞼疾患、涙道疾患については九州大学の吉川洋講師が担当、白内障の日帰り手術は手術件数1万例以上の経験を持つ非常勤の矢部伸幸医師が担当しています。また当院で診療を行っている医師はすべて日本眼科学会認定専門医の資格をもつ医師ばかりで、過去に当院で診療に携わっていた医師からは、信州大学現教授村田敏規先生、大分大学現教授久保田敏昭先生、福岡歯科大学病院眼科教授川野庸一先生(現在も当院で診療)を輩出しています。

 このように、宗像眼科では常に新しい知識を持った医師の支援を受けつつ、スタッフ全員が最新の知識を学び、日々診療をアップデートしています。これからも大島眼科病院ならびに九州大学病院眼科との連携のもと、宗像地域の医療に貢献したいと考えています。

pagetop